理想と資質が正反対

垢抜けない、ということにかなりのコンプレックスを感じてもがいていたのですが、結論が題名のとおり「理想と資質が正反対」ということに気づきました。

 

<顔>

理想:フェミニン 資質:クール

 

<骨格>

理想:ストレート 資質:ウェーブ

 

<パーソナルカラー>

理想:高明度(春、夏) 資質:秋

 

ファッション迷子だったのも、顔タイプと骨格の正反対だということがわかって納得しました。

顔タイプがクールだから、センタープレスのきいたパンツが似合うといわれて買ったけど、過去1回も似合ったことがない。

かといってThe骨格ウェーブな格好も似合わない。

 

さらには最近気づいたのが香り。

子供の頃から自分の香りを持つことに憧れていて、もちろんテスターで試して買ってたんだけど、どうしても途中で気持ち悪くなってしまう。

強い香りにはしたくなくて、足首にワンプッシュしても香りが強いと感じてしまい、結局クローゼットの隅に追いやられ。。(そして香水って処分に困る)

 

それが本当に偶然、自分の意図しないで手に入った香水がドンピシャで。

多分、店頭でテスターを試したらきっと買ってないタイプでした。

太ももにワンプッシュしても全然きついと感じず、上着の内側にワンプッシュして、気づいたらすーはーと深呼吸して、寝る前に枕にもつけるくらい本当に気に入ったんです。

香りも理想と資質を書くと

 

<香り>

理想:フローラル 資質:スパイシー

 

フローラルの香りのする、曲線顔の女の子になりたかったんです。。。

でも資質はわらっちゃうくらい逆で。

スパイシーなんて絶対選ばない。柑橘も昔は全く眼中になかったんだけど、もしかして理想の逆が合ってるんじゃない?とうっすら気づいてからは仕事部屋の香りは柚子になりました。

 

性格もそうなんです。

理想は社交的な性格。でも現実は人見知りでいろんなことに深まるタイプ。

 

今はこの現実を見つつ、資質の方向性を追求するということをしています。

私は理想のフローラルな香りのする曲線顔の女の子にはなれないけれど、逆に曲線の女の子が憧れてくれるような、クールでスパイシーな香りの似合う女性になろうと思っています。

 

今後はこのすり合わせの状況や、顔タイプクール、骨格ウェーブ、パーソナルカラー秋、スパイシー系の香りのものについて書いていけたらなと思います。

脱縮毛矯正をやめました

2年も間が空いてしまいました。

その間に2子が生まれて慌ただしい日々を送っていました。

 

ずっと脱縮毛矯正を目標にやってきましたが、3年くらい頑張ったのち、今年のはじめに縮毛矯正を再びかけはじめました。

理由は「ウェーブが似合わない顔タイプということが発覚したから」です。

 

実はオンラインで顔タイプ診断を受診したのですが、ふわふわウェーブの似合うフェミニンな石原さとみ系になりたかった私の顔タイプは真逆のクール。

顔のパーツがソフトエレガント寄りらしいですが、おすすめの髪型はストレート、もしくは毛先ワンカールで前髪はなしか横に流す。

おかあさんといっしょのパーソナルカラーが同じと推定するあつこお姉さんに憧れてぱっつん目の上前髪にしてたけど一向にあつこお姉さんになれなかったのはこれが原因。

 

骨格診断は正式ではないけれど、写真の印象からウェーブでは?と少し助言いただき…

顔タイプがクールなのに骨格ウェーブ。完全に真逆。

そりゃ迷子になって垢抜けないわ…とストンと自分の中に落とし込めたんです。

 

 

そもそも私の髪質はウルトラ難しい硬い捻転毛なので活かしにくいものではありますが、私の顔タイプだったらくるくるの癖毛でも難しかったかもしれません。

 

縮毛矯正をかけたらやたら評判がいいです。

きっとみんな優しいから言い出せなかったんでしょうね。

 

フェミニンに未練は少々ありますが、これからはフェミニンさんが憧れるようなクールな素敵な女性を目指していきます。

 

これからはイメコン中心のブログになるかと思いますがよろしくお願いします。

 

この本読んでみたい。

 

COTAとモロッカンオイル

COTA iCare Yのシャンプーとトリートメント、200mlのトリートメントをまず使い切りました。

もうすごい。捻転毛だと思ってたジリジリがなくなった。

細いところと太いところがあるぼっこぼこの質の悪い髪がほぼ見られなくなりました。

毛先の一番ジリジリの部分はそのままだけど、これは縮毛矯正、度重なるカラーのハイダメージなんだろうなと思います。

相変わらず髪の表面はギラギラ乱反射するんだけど、これ、癖じゃなくてダメージによる切れ毛なんじゃないじゃないか疑惑も出てきました。

 

これだけいいんだから、リニューアル後の数字シリーズへの期待がいっぱいで、COTA i Careの数字シリーズを買ってしまいました。

番号は一番しっとりの「9」。

まだ2回しか使っていませんが、ドライヤー後のチリボワも半分に。

 

実はCOTAって存在は知っていてもなんとなく手をつけなかったんですよね。

LaCasta、Do-S、クイーンズバスルーム、ケラスターゼ…。

ありとあらゆるいいと言われる高いシャンプートリートメント使ってこれなんだから、COTAでも同じだろうと思ってました。

でもこれだけ今までとはっきり違うので、ちょうどミルボンエルジューダMOがなくなるのをきっかけに、同じ理由で手を出さなかったモロッカンオイルに手を出してみました。

そしたら…すごい。

手触りが全然違う。バリバリ剛毛だったのに、かなり柔らかくなりました。

ドライヤー後のチリボワも、前回がMAXのときを100としたら30ぐらいに落ち着きました。

まだ使い始めて1回なので、継続してどんな結果になるかが楽しみ。

COTAに手を出す

湯シャンは2週間でやめました…。

理由は髪のゴワゴワが悪化したから。

試しにノーシャンプー剤で頭皮から洗ったら以前よりマシになったので、私には湯シャンは合わないという結論に達しました。

ゴワゴワはホルモンの関係っぽいから特別にケアを変えたりしないようにしようと思ったのですが、ゴワゴワって悲しくなるんですよね。子供と一緒に記念撮影をしたのですが、ゴワゴワな髪が見た目年齢を爆上げしている事実に直面、そして鏡を見るのがなんともつらい。

パーソナルカラー通りにしてだいぶ自分の納得行くかたちにになれたって思ってたけど、髪がゴワゴワだとただの汚い茶髪になるんですよね。

 

ストレスマックスなときに高価な買い物をする前科がある(例:レプロナイザー3dplus)私はこのストレスの勢いに載せて、良いけど高いと定評のあるCOTA i CAREに手を出しました。

買ったのは旧製品のCOTA i CARE Yです。

かなり前にリニューアルされているので、きっと中身は古いものだと思います。

そこは自己責任での購入としました。

続けていって、髪質が変わっていったら取扱店に行こうと思います。

本当はトリートメントも欲しかったけど、まだ以前のが残っていたので保留。

シャンプーこそ大事って聞くしね。

 

結果は、1回でかなり改善されました。

髪がかなり柔らかくなって、鏡見るのが嫌じゃなくなりました!

エデンの女神を使っていたときか、それ以上の柔らかな仕上がりに感動。

 

いろいろ節約しようとしてドラッグストア系に手を出していたけど、やっぱり私の髪質はドラッグストア系は全滅だわ…。

肝に銘じて今後のヘアケアを選択していきます。。

湯シャンに挑戦中

4ヶ月前からノーシャンプー剤を使用してだいぶ髪質が改善されたのですが、ホルモンの影響か数週間前からまたごわつくようになりました。

まあこれは出産して数年すればまた落ち着くかな?と思うので、もうシャントリジプシーするのは落ち着くまでやめようと思っています。

 

そこで少し前から考えていた「頭皮改善」に注目しました。

コスメマニアから自然派成分オタクをへて使用感よければ何でもいい派になったわけですが、健やかな髪は頭皮からっていうのは誰にでもわかり得ることですよね。

私は肌が強めの普通肌なので頭皮もそうだろうと、ずーっとヘアケアばかりしてきたのですが、もしかしたら髪が乾燥毛なように頭皮も乾燥体質なんじゃないか?と思い立ちました。

そこで頭皮の乾燥対策でいろいろ調べて出てきたのが湯シャンです。

その名のとおり、お湯だけで流すというやつですね。

でも正直なところ、頭皮の健康だけを取って髪がガサガサギシギシになるのは石鹸シャンプーで経験済み。経験から、「髪と頭皮は別物」というのが私の持論です。

頭皮にいいものが髪にいいということではないということです。

スタイリング剤も使うし、髪は絶対に今までどおりのケアのほうがいいはず。

ということで、頭皮は湯シャン、髪はノーシャンプー用の洗剤を使って洗浄&保湿をするというスタイルにしました。

 

4ヶ月ノーシャンプー剤を使っていたおかげで「流すだけ」のケアに楽に移行することができました。臭い問題もあるので絶対に湯シャン!と決めずに3~4日に1回ノーシャンプー剤で洗っています。何よりも快適なのが重要。

頭皮の環境が整って、素直な髪が生えてくれ…とせつに願うのでした。。

ノーシャンプー剤に切り替えた部分の髪がかなりつやつやなので、期待しています。

 

レプロナイザーに対する私なりの結論。

アクセス解析を見ているとこの記事が一番アクセス数が多いようです。

ysrume.hateblo.jp

 

108日前に書いたこの記事。

これを踏まえて現在も使い続けている私の感想は…

 

 

ただの風量の多いドライヤー。

 

 

です。

 

私の髪は

・多い太い硬い

・度重なるカラー(カラーチェンジ2回、リタッチ複数回)

・耳から下は矯正毛

・ドライヤー後が一番ジリジリ、一晩寝ると収まる

・ひどい乾燥毛

 

という、レプロナイザーにとってはうってつけだと言われる髪質です。

 

前回はLowで丁寧に乾かしたらチリボワが少なくなって、レプロナイザーすごいって書いたのですが、あの後もうひとつ持っているPanasonicのこちら

 

 

で乾かしてみたんですが、Lowで時間をかけて丁寧にやれば結果は同じでした。

ということは、要は乾かし方の問題だったっていうことですよね。

 

でもレプロナイザーを絶賛している美容師さんって、手ぐしてざっと乾かしただけでつやつや!とか言ってるわけですよ。

ざっと乾かしただけなんて、ひどいチリチリボワボワになるんですけど。。

縮毛矯正をかけなくてよくなる+時短になるという希望を持って高価なレプロナイザーを買ったわけですが、私にはバイオプログラミングの恩恵が全く受けられませんでした。

考えてみれば、再現性をうたっているプローをしない美容師さんの仕上がりもチリチリボワボワだし、レプロナイザーを進めてくれた美容師さんのときも別に仕上がり変わらなかったな。。

レプロナイザーはざっと乾かしただけでつるつるサラサラになる!って言っている美容師さんに、実際に私の髪を乾かしてもらいたいな。

 

自然乾燥はそんなに悪なのだろうか?

美容師さんのカットがいいのか、びっくりなことに髪の毛が濡れるときれいなウェーブが出るようになったんですよ。それがチリチリだと思っていた髪がそうでもなくなって、濡れているときはきれいで理想的な波ウェーブ。ドライヤーで乾かしてしまうとなくなってしまうのが悲しいところ…

ある日、すぐにドライヤーをかけることができなくてほぼ自然乾燥になってしまったとき、乾き上がった髪を見てビックリ。チリチリボワボワしてない、きれいな波ウェーブをキープしていました。若干乾燥っぽさは出てしまうけど、今までで一番ラクで仕上がりがきれい。

 

また仮説だけど、もしかしたら今までのチリチリボワボワって、どんなに丁寧に乾かしていたとしても表面の摩擦と紫外線による痛みが酷くてすぐ乾いてしまうかなりオーバードライの状態だったんじゃ…?

もちろん表面が乾きやすいっていうのは今までも実体験でわかっていたところで、かならず中の乾きにくいところから乾かしていたつもり。多分表面は時間にして数分もかけてない。それでもオーバードライ状態だった?

 

もしかしたら世間一般で言われている「お風呂から上がったらすぐドライヤー」っていうのが、私には合わないのかもしれません。

自然乾燥して今回で3日目。一応乾燥対策としてお風呂上がりにすぐミルボン エルジューダ エマルジョンプラスを塗布してくしでとかす。そのあと5分後ごらいを見計らってトリートメントが馴染んだらヘアクリームで表面と毛先に蓋をするように塗布。

 

またしばらく続けて実験してみます。